領土問題 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 経済・経営 > 領土問題

ブログ内全文検索→

専門情報 - 経済・経営

領土問題

我が国だけの問題ではない?!

ここのところ、中国とは尖閣諸島、韓国とは竹島のように我が国の領土問題で双方の国同士が険悪な状態が続いている。世界に目を向けると、こうした領土問題はいくつかあるようなのでアジアに焦点を当てて紹介しよう。
1.日本とロシア 北方領土問題・・・ロシアが実効支配しているが、日本は不法占拠として返還要求している
2.北朝鮮、韓国と中国 白頭山・・・三国間で領有権を主張
3.中国と韓国 蘇岩礁・・・暗礁であるが、二国間で領有権を主張
4.中国と韓国 可居礁・・・中韓二国間で黄海の排他的経済水域を巡る紛争の一つ
5.中国と韓国 丁岩礁・・・1999年~2002年にかけて中国が調査し発見。韓国海洋水産部は波浪礁と命名し領有を主張
6.中国、台湾、ベトナム、フィリピン、、マレーシア、ブルネイ スプラトリー諸島・・・五カ国と台湾が領有権を主張
7.中国、台湾、ベトナム パラセル諸島・・・中国が実効支配、台湾、ベトナムが領有を主張
8.マレーシア、フィリピン ボルネオ島北部サバ州・・・マレーシアの一つの州だが、フィリピンが領有を主張
9.ブータンと中国 それぞれが主張する国境線に食い違いが大きく、2010年において交渉中
10.中国とインド 中印国境紛争・・・アクサイチン 中国が実行支配、インドが領有権を主張
             アルナーチャル・プラデーシュ州 インドが実効支配、中国が領有権を主張
11.中国、インド、パキスタン カシミール・・・三国が領有権を主張、特にインドとパキスタンは激しく対立
12.カザフスタン、ウズベキスタン オズロツデニャ島(アラル海)・・・二国間で領有権を主張
13.シリアとイスラエル ゴラン高原・・・第三次中東戦争以降はイスラエルが占領、併合、国際社会から認められていない
14.パレスチナ問題 国連のPKO介入を経てパレスチナ自治政府が暫定共和国として樹立しているが、未解決
15イギリス、セーシェル共和国 チャゴス諸島・・・イギリスの属領として実行支配、セーシェル共和国が諸島全域の領有権を主張

以上のように国際的にいえばアジアの領土問題は非常に多く未解決となっているようだ。とくに、中国との対立が目立っているといえよう。何にせよ、中国では戦争での解決を求める声も上がっているなど、きな臭い雰囲気がただよっている。
外交は三流と言われている我が国ではあるが、是非とも主張を曲げることなく世界にアピールしていただきたいものである。   
                              監査課 平田 晴久
               浜松市/会計事務所/確定申告/決算/相続




  • Posted by 2012年09月24日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告