競馬と税金 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

ブログ内全文検索→

専門情報 - 税務・会計・監査

競馬と税金
 競馬の馬券配当で得た所得を申告せず、2009年までの3年間に約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反に問われた会社員男性(39)が大阪地裁の公判で無罪を訴えています。
 弁護側は配当を得るための「必要経費」には膨大な外れ馬券の購入額も含めるべきで、当たり馬券だけから算定したのは不当と主張し、国税側は「必要経費」には当り馬券の購入額のみが該当すると主張しています。ちなみに所得税法を素直に解釈すると、国税側の主張が正しいとされています。
 しかし男性は、当選金額を原資に馬券購入を進めており、当選金額が30億円であっても、手元に残ったのは1億円程度のようです。このまま有罪になると本当に気の毒です。競馬には興味のない私ですが、裁判の行方が気になります。
水野隆啓



  • Posted by 2012年11月30日 (金) | コメントコメント(2

この記事へのコメント

このニュース、私も見ました。賭事はたいへん苦手な(気が小さくて賭けられない…)私ですが、たいへん興味深いです。私も裁判の行末が気になります。だいたい宝くじは無税(ですよね?)なのに、なんで公営ギャンブルの競馬は無税でないのか、そのあたりもよくわかりません。機会がありましたら、解説をお願いいたしまーす。 (^_^;)

Posted by 水野明 | 2012年12月03日 17:46

水野明様、コメントありがとうございます。
宝くじの当選金額には税金はかかりません。私たちが宝くじを購入した際の約40%は収益金として発売元の各自治体の収益となっています。宝くじが当たろうと、外れようと、宝くじを購入した時点ですでに税金を払っていると同じことなので、無税とされています。
ちなみに、宝くじの期待値は約45%、競馬の期待値は約75%だそうです。地道が一番ですね。

Posted by 水野隆啓 | 2012年12月06日 09:21

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告