韓国旅客船「セウォル号」沈没について考える 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > コーヒーブレイク > 韓国旅客船「セウォル号」沈没について考える

ブログ内全文検索→

コーヒーブレイク

韓国旅客船「セウォル号」沈没について考える

日本の対応は適切だったのか?

4月16日、韓国旅客船「セウォル号」沈没し、韓国の大勢の高校生が亡くなるという惨事が発生しました。心よりお悔やみ申し上げます。
マスコミの報道では、事故直後、日本政府筋を通じて救助の申し出を行ったようですが、韓国側が応じなかったため、隣国でありながら、救助に行くことはありませんでした。ここのところ、日本と韓国の関係は、従軍慰安婦の問題が再びクローズアップされ、非常に緊迫した状態になっていることは承知のとおりです。しかしながら、日本近海で多くの人間が死ぬかもしれないという状況の中で、「国と国」という前に「人と人」として考え行動できなかったのかと思えてなりません。人を助けることに誰かに承認や承諾を求める必要があるのでしょうか。そんな、ケチな考えが「国と国」「人と人」の間の摩擦になっているように思えてなりません。
以前、韓国の若者が地下鉄のホームに落ちた人を助けて命を落としたという報道がかつてあったように記憶しています。助けを求めている人に「助けていいですか?」と聞く人がいるのでしょうか。
我が国政府の対応について異論を唱える報道も世論もありません。本当にこれで良かったのか、事故について検証する必要があるのは、韓国だけでなく我が国にもあるのではないかと思えてなりません。事故にあわれた高校生のご冥福をあらためてお祈りいたします。

                   監査課 平田 晴久
                税務申告/会計/相続/税金/社会保険




  • Posted by 2014年04月29日 (火) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告