平成25事務年度における相続税の調査実績について 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 税務・会計・監査 > 平成25事務年度における相続税の調査実績について

ブログ内全文検索→

専門情報 - 税務・会計・監査

平成25事務年度における相続税の調査実績について

資料から読み解く調査の視点

国税庁から、平成25事務年度における相続税の調査実績の発表がありました。
詳細はこちら⇒平成25事務年度における相続税の調査事績について
  
【 概 要 】
 相続税の調査は、平成23年中及び平成24年中に発生した相続を中心に、国税局及び税務署で収集した資料情報を基に、申告額が過少と想定されるものや、申告義務があるにもかかわらず無申告となっていることが想定されるものなどについて実施されています。

1.調査件数等
 調査件数は11,909件で、そのうち申告漏れ等の件数は9,809件(82.4%)でした。

2.申告漏れ財産の状況
 調査により把握された申告漏れ財産の構成比は、現金・預貯金が39.2%、土地が13.6%、有価証券が11.7%であり、現金・預貯金等及び有価証券の申告漏れウエイトが50.9%と相変わらず高いことから、相続税の調査は、不表現資産の把握に重点をおいて行われているといえます。また、 海外資産関連事案に係る調査事績は、納税者の資産運用の国際化に対応し、調査件数・申告漏れ件数はともに増加しております。
 また、無申告事案に係る調査も積極的に実施されており、当該調査による申告漏れ件数は650件、無申告事案の1件当たりの追徴税額も522万円と高額でした。

 平成27年1月から相続税の基礎控除額が大幅に減少し、相続税の課税対象者の増加が見込まれています。相続税に関して不安がある方、事前に確認したいことがある方、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

監査課 水野隆啓


浜松市/会計事務所/税理士/相続税


  • Posted by 2014年11月30日 (日) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告