空家等対策の推進に関する特別措置法 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 税務・会計・監査 > 空家等対策の推進に関する特別措置法

ブログトップ > 最新 - 10 - 20 - 30 - 40 - 50 - 最古
 > 告知 - 専門情報「税務・会計・監査」 - 専門情報「労務」 - 専門情報「経済・経営」 - コーヒーブレイク
ブログ内全文検索→

専門情報 - 税務・会計・監査

空家等対策の推進に関する特別措置法

近隣の迷惑となっている空家は固定資産税が6倍に!

全国で空家の数が増加の一途をたどっている。5年ごとに総務省が発表している「住宅・土地統計調査」の平成25年版によると全国の空家件数は、過去最多の820万戸だった。平成20年時点の757万戸から大幅医に増加している。全戸数に占める割合も13.5%でともに過去最高値となっている。空家の所有者は、建物の維持管理のために費用負担することはほとんどないため、倒壊の危険性や衛生的な問題が様々な地域で発生し、自治体も対処に頭を悩ませていた。
こうしたことから、政府は、「空家等対策の推進に関する特別措置法」を制定し、5月26日から全面的に施行されることとなった。この法律によると、市町村長が特定空家等(周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切な状態にある空家等)の所有者等に対して周辺の生活環境の保全を図るために必要な措置を勧告した場合は、その特定空家等の敷地について固定資産税の住宅用地特例(固定資産税の課税標準額を200㎡まで1/6に200㎡超の部分を1/3に減額する措置)の対象から除外することとなるようである。
親と世帯を別にしている人が相続等により土地や建物を取得するケースは益々増えてくることが想定される。今迄は固定資産税が安かったため、何とか保有し続けることができた人も、今後は納税に悩まされることとなるだろう。これによって土地の流通が高まることも期待されるが、少子化に歯止めがかからない状態では新たに土地等を購入する人も少ないのかもしれない。いずれにせよ、頭が痛い話である。
                      監査課 平田 晴久                
                  浜松市/会計事務所/確定申告/相続税




  • Posted by 2015年04月30日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告