配偶者控除が見直されるようです 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 税務・会計・監査 > 配偶者控除が見直されるようです

ブログ内全文検索→

専門情報 - 税務・会計・監査

配偶者控除が見直されるようです

これで、本当に女性の社会進出、雇用拡大につながるのか?

 新聞によると、政府・与党は、主に専業主婦世帯の所得税を軽くする配偶者控除の見直し案を決めようだ。当初は、配偶者控除を全面廃止し、夫婦控除を創設する案が取りざたされていたが、税負担が重くなる世帯が多く、反発が予想されるため、回避されたようである。配偶者控除を廃止することにより財務省では6,000億円の税収増を見込み、それを子育て支援策にまわす目論見であったが、実現しないこととなる。配偶者控除の見直しは、いわゆる「103万円」の壁を是正し、税制面から女性の社会進出を促すことを目的としているが、「150万円」になることでパート労働時間の拡大効果は期待できるが、働き方が本格的に変わるとは考えにくい。
 今回まとまった、見直し案は2018年1月からスタートする予定であるが、その内容は、以下のとおりである。
①配偶者(妻)の年収(給与収入)の上限額を103万円から150万円に引き上げる
②配偶者(妻)の年収(給与収入)が150万円から201万円以下の場合、収入に応じて段階的に配偶者控除額が9段階に応じ減少する
③夫の年収に応じて配偶者控除が段階的に減少する
 具体的な控除額は以下のとおりである。


 従来の配偶者控除は、夫の年収がいくらであっても一律控除することができた。しかし、上記の表にあるように、夫の年収が1,120万円を超え1,220万円以下の場合は配偶者控除の額が3段階に減少することとなる。また、年収が1,220万円を超えると配偶者控除は受けられなくなる。
今回の見直しでは夫婦がフルタイムで働く世帯には恩恵がない。当初示された夫婦控除のような仕組みを作らなければ、共働きより専業主婦の世帯が優遇される状況は続くこととなる。また、税制面以外で女性の社会進出の阻害要因となっている、社会保険の「106万円の壁」「130万円の壁」については、依然として解消されておらず、両面からの対策が必要である。


                      監査課 平田 晴久                
                  浜松市/会計事務所/確定申告/相続税




  • Posted by 2016年12月07日 (水) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告