浜松とガラナ 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 地域情報 > 浜松とガラナ

ブログ内全文検索→

地域情報

浜松とガラナ
現在では北海道土産としてキリンビバレッジが現地限定販売する等北海道の観光資源化されているガラナ飲料、
浜松でも餃子屋さん等の飲食店、そしてスーパーマーケット等の食料品店でちらほら見かける場面がありますよね。

実はガラナ(guaraná)は南米原産で、寒冷地での栽培にはあまり向いていません。
では何故北海道の観光資源となったのか…これは歴史的な経緯によります。

簡単に言えば、日本でコーラの輸入が開始された際、北海道のみコーラの輸入開始が3年程遅れた為
その間にガラナが普及し衰えなかったというのが大まかな流れです。


では遠州・浜松でもガラナを比較的多く見掛けるのは何故か…
そもそも、西遠地域で多く見掛けるガラナは主に2ブランドですね。

  • コアップガラナ
  • ガラナアグアナボカ


上記2つはどちらも国産ガラナですが、生い立ち等は大きく異なります。


まず、コアップガラナについて。
コアップガラナは北海道の観光商品としてもよく見かけますよね。
それもその筈、コアップというのはクノール等と同じく複数の企業で掲げる共通ブランドです。
実際、北海道のコアップガラナは北海道新幹線の現在の終点・新函館北斗駅のある北斗市のお隣、亀田郡七飯町に本社を構える㈱小原が主に生産していますが
浜松のコアップガラナは中区和合町に本店を置く浜松食品産業㈱の製造です。
餃子屋さん等で見かけるガラナはこの浜松食品産業製のコアップガラナが多いですね。


一方で、ガラナアグアナボカについて。
スーパーマーケット等の小売店では北海道と異なり基本的にコアップガラナは置いてありません。
しかし、ガラナアグアナボカを見かける機会は(店舗にもよりますが)少なくはないのではないかと思います。
このガラナアグアナボカは、磐田市岩井に本社を置く㈱アイ・ビー・フォックスフーズが生産しています。

浜松市はご存知、ブラジル人が日本で最も多い都市です。(特に南区・中区・東区etc)
このアイ・ビー・フォックスフーズdecasségui(出稼ぎ)として設立された会社の様です。


これら以外にも、各地区に点在する輸入飲食料品販売店ではガラナアンタルチカ(荒井商事が輸入)等の輸入ガラナを目にする事が出来ます。


この様に、バラバラな生い立ちで流通している浜松のガラナ。
出店(でみせ)ではガラナ・テキーラ(テキーラのガラナ割り)を売っている事もあります。
結構美味しいので普段あまり馴染みの無い方は是非飲んでみては如何でしょうか?



参考サイト:いちらん屋「ブラジリアンタウン・ブラジル人街・ブラジル人の多い都市の一覧」…こうして見ると工業都市の中でも北関東を除けば圧倒的に東海地方に分布していますね。


監査課 田中



  • Posted by 2017年11月01日 (水) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告