有期労働契約に新しいルールが 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 労務 > 有期労働契約に新しいルールが

ブログ内全文検索→

専門情報 - 労務

有期労働契約に新しいルールが

早いところは平成30年4月以降申出が可能となります

有期労働契約の新しいルールが平成衣24年8月10日に交付され、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込により。期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できるルールが設けられています。これは、平成25年4月1日以降の有期労働契約から適用されるため、毎年4月1日に雇用期間1年の有期労働契約を反復更新している場合、平成30年4月1日以降の雇用契約期間に労働者から無期労働契約転換の申出があれば、翌31年4月1日以降は期間の定めのない労働契約に転換できることとなります。目的は、改正法の成立当時、有期労働契約による労働者は、パート労働、派遣労働等いわゆる正社員以外で全国で1,200万人と推計されており、その内約3割が通算5年を超えて有期労働契約を反復更新している実態にあり、その下で生じる雇止めの不安解消し、働く人が安心して働き続けることができる社会を実現するためのものです。
通算5年の期間内に契約期間がない期間が6ヵ月以上ある場合(クーリング)は、その空白期間より前の期間は通算契約期間に含まれません。ただし、カウントの対象となる契約期間(有期労働期間)が1年未満の場合のクーリングは、次のとおりとなります。①2ヶ月以下 1ヶ月以上 ②2ヶ月超から4ヶ月以下 2ヶ月以上 ③4ヶ月超から6ヶ月以下 3ヶ月以上 ④6ヶ月超から8ヶ月以下 4ヶ月 ⑤8ヶ月超から10ヶ月以下 5ヶ月以上 ⑥10ヶ月超 6ヵ月以上となります。
中小零細企業では、コストダウン要請は後を絶たず、厳しい経営下にある中で待ったなしの改正となります。早めの対策をご検討下さい。 

  
                 監査課 平田 晴久                
             浜松市/会計事務所/確定申告/相続税




  • Posted by 2017年10月30日 (月) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告