株価暴落? 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 株価暴落?

「所長のひとこと」全文検索→

2013年06月06日

株価暴落?
昨日(65日)、「日銀の大胆な金融緩和」、「財政出動」に続き、アベノミクス第3の矢である「成長戦略」を産業競争力会議で安倍首相が発表した途端に日経平均株価は前日比518円安と大幅な下落となった。成長戦略の中味が全体的に新鮮味に乏しく、投資家・投機家の失望感につながり大口の売りが加速したと見られている。
 もともと、大胆な金融緩和によって円安になったが、今や日本はかつての輸出大国ではなく、今や貿易収支は毎年赤字となっている。製造業を中心として、かつては国内生産・輸出の増加が著しかったが、現在は地産地消で海外に売るものは生産も人件費の安い海外で作るばかりか、日本国内で売るものも海外生産のものが増加している。そこにもってきて、原発の停止による海外からの重油やガスの輸入が増加し、貿易収支は赤字が増加している。つまり、日本の国が貧乏になってきているということだ。円安の影響はガソリンの値上げ、ガスや電力の値上げ、輸入食料品の値上げを通して国民生活にじわじわとマイナスの影響を及ぼしつつある。とはいえ、円安により輸出企業やグローバル企業の連結決算には大きな効果があった。これらの企業を中心とする株価の上昇等により、国民感情は少し明るさが見え、消費も団塊の世代を中心に高級品が売れ出した。しかしながら、これが国民全体に与える影響はそれほど大きなものではない。製造業の生産が増え、新規雇用が生まれない限り、給料の上昇は見込めず、格差は広がるだけである。
日本経済の見通しが不透明な中、先進国を中心として世界の金余り状況は一向に変わらず、日本の株式市場・国債相場が投機家グループの金儲けのオモチャにされる可能性がある。金融緩和は本来、国債の利回り低下をもたらすはずだが実際には国債利回りは上昇(国債の価格は下落)し、株価も不穏な動きに終始している。注意が必要である。

ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

2017年07月06日

会計と税務

2017年04月03日

相続税対策?

2017年03月14日

真実は何か?
お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告