公私の区別 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 公私の区別

「所長のひとこと」全文検索→

2014年01月06日

公私の区別
新年明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって良い一年でありますよう祈っております。
年末年始、忘年会・新年会と忙しい中、体調を崩さぬよう注意が必要です。私自身、そんな中、様々な経営者と接する機会が多くありました。ある団体でのパーティのあと、H社の会長が、参加していた約20数名を二次会に誘ってくれました。私もその一人として参加した次第です。費用はその経営者が持ってくれるとのことでしたので、乾杯の音頭を指名された私は、「H社の交際費の予算が余っているとのことですので、皆さん遠慮せずにいただきましょう。・・・」と言って、乾杯の音頭を取りました。しかしながら、後に私は赤恥を書く羽目になりました。その経営者曰く、「俺は、会社で予約したパーティ以外は全て、個人で費用を支払う。公私混同は会社崩壊の始まりで、絶対ダメだ。」と遠州弁丸出しで熱っぽく語ってくれました。
確かに、私もいろいろな会社を見てきましたが、立派な会社は、経営者が公私の区別をしっかりつけており、私的費用を会社につけ回すようなことはない。経営者が公私混同した行動をとっていれば、従業員もそれに近い行動となり、稼ぎに比べ出費がかさみ、結果的に会社は儲からなくなる。所詮、会社の利益は売上高の数%である。入ってきた金の95%超は必死にやっても出て行ってしまう。少し油断しただけで、出費は入ってきた金の97~8%となり、やがて100%を越えて赤字となる。
会社は他社との厳しい競争に晒されています。少しでも自社の強みを強化し、入ってくる金を多くするとともに出費を少なくすることで利益を計上することができます。出費を少なくすることの出発点は、経営者が公私混同した行動を取らないことです。破竹の勢いで成長しているH社の理由の一つをしみじみ感じた昨年末の出来事でした。
今年も身を引き締めて頑張りたいと思っています。よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告