浜松市の人口減少 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 浜松市の人口減少

「所長のひとこと」全文検索→

2014年10月03日

浜松市の人口減少

2008年(以下、08年と記載する。)をピークとして日本の総人口は、104万人減少して、12704万人となった。深刻なのは、1564歳の生産年齢人口が400万人弱減少し65歳以上の高齢者が400万人超増加していることである。

浜松市においても、人口問題は例外ではなく、以下に示すように、10年に80万人あった人口が40年には69万人に、11万人減少すると予測されている。年齢別では、生産年齢人口、年少人口が18万人減少し、一方、65歳以上の高齢者は7万人増加すると予測されている。

 

浜松市企画課「浜松市の将来推計人口(平成253月推計)」より   単位:人

 

2010

(平成22年)

2040

(平成52年)

比率(%)

40/10

総人口

800,866

694,887

86.8

年少人口   (15歳未満)

113,261

76,164

67.2

生産年齢人口 (1564歳)

全体に占める比率(生産年齢人口比率)

504,409

63%

365,212

53%

72.4

10

老年人口   (65歳以上)

全体に占める比率(高齢化率)

183,196

23%

253,512

36%

138.4

13

うち、75歳以上

全体に占める比率

90,064

11%

146,591

21%

162.8

10

老年人口一人あたりの生産年齢人口

2.75

1.44

52

 

  政令指定都市で一番人口が多い横浜市は368万人と浜松市の4.5倍の人口である。しかしながら、浜松市は高山市に次ぐ広大な面積であり、管理道路の延距離は、8432kmと横浜市(7689km)を上回っている。単純計算では、道路維持管理のため、浜松市民は横浜市民の5倍の費用負担が必要ということになる。

バブル経済崩壊後、企業は生き残りのため、大胆な「選択と集中」を行い、組織の存続を図ってきた。人口減少に備え、浜松市も大胆な選択と集中を行わなければ、財政の維持が困難となる。今ある施設、道路等の全てを今まで通り維持することは不可能である。市民の覚悟が必要となる。


ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告