「消費税増税」先送りと「身を切る改革」 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 「消費税増税」先送りと「身を切る改革」

「所長のひとこと」全文検索→

2014年12月05日

「消費税増税」先送りと「身を切る改革」

消費税を平成2710月より10%に増税する案があったが、1年半先送りされた。アベノミクスにより、経済状況が好転するはずだったが、この4月からの消費税増税の反動減の影響を払拭できず停滞したままであったため、今回の先送りになったようだ。平成2412月の安倍政権誕生以来、日銀の大胆な金融政策により円安が進行し、輸入物価の上昇を反映した物価上昇により実質賃金は下がり続け、庶民の懐は満たされない状況が続いている。想定では、円安⇒輸出増加⇒設備投資⇒雇用増加⇒賃金アップという好循環により景気が良くなると判断していたものと思われるが、製造業は海外で売るものはその国で生産するという「地産地消」が進み、そう簡単には、生産の日本回帰は起こらない。為替相場もさることながら、安価な人件費、豊富な労働力、安価な原材料の調達等、海外生産でのメリットは捨てきれないのであろう。輸出産業の業績は好調を続けており、それにつられて株価も上昇しており、いい面もあるが、非正規社員は増え続け、国民の格差は拡大傾向にある。消費税増税により充実するはずだった福祉予算も増やせず、食料品に低減税率を適用するという案もあるが、それによる減収分は福祉予算の減少になるのであれば、ただ手続きが煩雑になるだけではないかと思う。

あえて言うまでもないが、日本の借金は1000兆円を超えており、毎年の歳出(約90兆円)を賄うにはほど遠い税収(約50兆円)であり、毎年、国債の発行は増え続けている。2年前の民主党・野田首相と自民党・安倍総裁が党首討論で国民に「身を切る改革」を確約した。財政再建のための消費税増税は衆議院定数の大幅な削減とセットではなかったか? 消費税の増税は粛々と行われたが、衆院定数削減は一向に進む気配がない。国民が大きな声を上げない限り、これは進まない。国民全員がこの国のことをよく考えるいい機会としたいものである。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告