不思議な倒産?・・・・スカイマーク株式会社 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 不思議な倒産?・・・・スカイマーク株式会社

「所長のひとこと」全文検索→

2015年02月01日

不思議な倒産?・・・・スカイマーク株式会社
 つい先日、スカイマーク株式会社(以下、「スカイマーク社」という。)が民事再生法の申請を行い、実質的に倒産した。今後は、裁判所の管理下で再生のための手続きが進められることとなる。通常、倒産する会社は多額の借入金の返済資金が不足したことを原因とすることが多い。そういう意味では、今回のスカイマーク社のように、銀行からの借入金が全くないのに倒産した事例は過去にもないのではないかと思われる。
 スカイマーク社の決算書から読み取れるところは以下の通りである。
損益計算書を見ると、26年3月期の売上高は859億円とほぼ前期並みであるが、燃料費で30億円、航空機材リース料で45億円、合計75億円の増加により、営業利益は前期の46億円から△25億円となり、為替差益があるものの経常利益は△4億円となっている。この燃料費とリース料の上昇により、損益的にはかなり厳しくなり、26年12月までの第3四半期決算でも39億円の経常損失となっている。
貸借対照表からも、大きな問題点は見えてこない。平成26年3月期では、総資産787億円、そのうち純資産は446億円であり、自己資本比率は56.7%で、これはかなり良い水準である。流動比率も139%とそれほど悪い数値ではない。
しかしながら、注記事項をみると、(リース取引関係)として、「オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係わる未経過リース料」が、25年3月期で598億円、26年3月では907億円と総資産を上回るリース債務が簿外となっていることがわかる。
キャッシュフロー計算書にはこの問題が如実に現れている。キャッシュフロー合計では、25年3月期は74億円、26年3月期は160億円のマイナスとなり、現預金等の残高は26年3月期では70億円(前期比160億円の減少)、26年9月では45億円と減ってしまった。
格安航空会社(LCC)との競走は激化しており、エアバス機の導入等により設備投資に多額の資金を投入したため、資金は枯渇してしまった。この改革が収益に結びつけばよかったが、航空機材の投入による増収はできなかった上に、燃料費の高騰、円安によるコスト増等が重なりついに資金が回らなくなってしまった。今後ANAやJALとの共同運行便を増やすことによって再生を図ろうとしており、ファンドがスポンサーになったようだが、今後が注目される。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

2017年11月24日

会社倒産 NEW

2017年09月11日

粉飾決算

2017年07月06日

会計と税務
お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告