防潮堤 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 防潮堤

「所長のひとこと」全文検索→

2015年10月07日

防潮堤
先日、浜松日経懇話会で、東大名誉教授 畑村洋太郎氏の「東日本大震災に学ぶ」という講演を聴きました。三陸地方では、明治時代に15mの津波に襲われ、昭和初期にも10mの津波に襲われています。この対策として防潮堤が建設されていますが、古い防潮堤は持ちこたえたにも関わらず、新しい防潮堤の半分は全壊しました。津波をいなすための古い防潮堤(断面が円錐形)は残り、津波に対抗しようとした新しい防潮堤(断面が直方形)はぶっ壊れました。これらを検証しながら、浜松市の建設途上の防潮堤の話になりました。浜松市では、一条工務店グループの300億円の寄付を基に浜名湖から天竜川までの17.5kmに及ぶ高さ13mの防潮堤が建設されています(寄付を中心としているため、税金のみの公共事業と比較し短期間で完成見込み)。これにより、仮に15mの津波が襲来しても2mの越流で済み、被害を激減させる効果があるとのことで、100%の防災を考えるより、被害を最小にするための減災が重要とのことでした。なお、この防潮堤建設は資材の高騰等により300億円では足りず、浜松商工会議所でも50億円を目標として寄付を募集しております。
人間の記憶の減衰・消滅は激しく、300年経過すれば1/1000になってしまうそうです。大災害は発生頻度が低く、間隔が長いため、記憶が社会から消え、そのことで甚大な被害となってしまうこととなります。災害の知識を伝承するための教育、学校行事等が大切であり、常に、「あり得ることは起こる。あり得ないと思うことも起こる。思いつきもしないことさえ起こる。」ということを頭に置き、各自が主体的・能動的に行動できる人間となり、「率先して避難する。助けに行かない。助けに行く人を制止する勇気を持つ。」を実行することが重要なことと肝に銘じる必要があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告