奨学金破産 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 奨学金破産

「所長のひとこと」全文検索→

2016年06月06日

奨学金破産

 経済大国と言われて久しい日本においても、貧困が国民生活に大きな影響を及ぼしており、大学等の学費、下宿費等の支払いのため奨学金を利用する人が増えている。この奨学金は給付されるものではなく、卒業後、返済しなければならない。高校卒業時には、経済感覚等が乏しいため、就職すれば、毎月の給与から返済することに大きな支障が生ずる可能性等にまで頭が回らず、安易に奨学金を利用する学生が多いようだ。最近のテレビでも、卒業後、希望通りの職に就いたが、毎月の給与から返済することは困難となり、破産手続きを選択すると放送されていた。「こんなことなら無理して大学に入学しなきゃよかった。」と嘆いている人も多いようだ。

 借りた金は返済するのは当然のことではあるが、努力しても返済が不可能であれば、法的措置によって返済を免除してもらうのは当然の権利であり、一生これに苦しむより、新たに再出発することが重要であろう。ところが本人は破産することで身軽になれるが、借りたときに父母が保証人になっているため、その債務は父母に返済義務が移行することになる。父母に余力がない故、奨学金を借りて進学したため、父母も破産手続きをすることとなり、破産の連鎖があちこちで起こっているようだ。

 日本は、教育費に対する公的助成は極端に少ない国であり、大学等の学費はあまりに高額である。政府も返済の必要のない給付型の奨学金を考えているようであり、今後はこうした悲劇が少なくなることを期待せざるを得ない。

 それにしても、少子高齢化、人口減少の中、教育、福祉についての負担と受益の関係は、日本の今後における大きな問題であり、政府のかじ取りは大変であろうと推察される。消費税率の引き上げが延期されたが、景気に与える影響を考えれば当然とも思える。その反面、景気のことに配慮する限り、消費税率の引き上げは困難な状況が継続することが予想され、諸外国からも求められている財政の健全化は簡単ではない。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告