正規雇用と非正規雇用の格差拡大 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 正規雇用と非正規雇用の格差拡大

「所長のひとこと」全文検索→

2017年10月23日

正規雇用と非正規雇用の格差拡大

国税庁の民間給与実態統計調査より

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業で働く正規雇用者や非正規雇用者の平成28年の平均給与は421万6千円で前年比1万2千円の増加だったことが明らかになった。平成25年から4年連続で増加しているが、20年のリーマンショック前の水準には戻っていない。
 民間給与の平均額はバブル経済後の平成9年の467万3千円をピークに徐々に下降し、20年のリーマンショックの影響で21年には405万9千円へと19年比7.2%の下落となった。ここ数年は上昇傾向にあるが、リーマンショック前の水準には至っていない。
 平成28年の平均給与421万6千円の内訳は給料手当が357万1千円、賞与が64万5千円となっており、男女別の総額は男性が521万1千円、女性279万7千円となっている。さらにこれを正規雇用者と非正規雇用者に区分して見てみると、正規雇用者が486万9千円、非正規雇用者が172万1千円となっている。非正規雇用者はパートタイム等、短時間労働者が含まれるため単純比較はできないが賃金格差は広がっている。
 平成24年と28年の正規雇用者と非正規雇用者の人数を比べると、正規雇用者は3011万6千人から3182万2千人と5.7%の増加だが、非正規雇用者は987万6千人から1154万6千人へと16.9%の大幅増加となっている。アベノミクスで雇用者が増えたとされるが、非正規雇用者の増加によるものであり、会社としては、長期間働く正規雇用者よりも賃金の低い非正規雇用者を雇い入れる傾向にあり、「ワーキング・プア」と呼ばれる低所得層が増加している状況である。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
「併設機関」・株式会社TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

2017年12月14日

平成30年度税制改正大綱 NEW

2017年11月24日

会社倒産

2017年09月11日

粉飾決算
お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中範雄公認会計士・税理士事務所はTKC全国会会員です

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告