全損型の法人定期保険への規制 | STAFF BLOG | 【 田中会計グループ 】 浜松市の公認会計士・税理士| 田中会計グループが相続税・確定申告・事業承継をサポート! 【 田中範雄公認会計士事務所 / 税理士法人TMS浜松 】

全損型の法人定期保険への規制 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 税務会計監査 > 全損型の法人定期保険への規制

ブログトップ > 最新 - - 10 - 15 - 20 - 25 - 30 - 35 - 40 - 45 - 50 - 55 - 60 - 65 - 70 - 75 - 最古
ブログ内全文検索→

専門情報 - 税務会計監査

全損型の法人定期保険への規制

2018年から生保各社で全損タイプの法人定期保険の発売が相次いだことを受け、金融・国税当局が規制に乗り出しています。当該保険は中途解約を前提にしたケースが多く、死亡時の保障という保険本来の趣旨から外れていると問題視されていました。

当該保険商品は、払い込んだ保険料の全額を会社の経費(損金)として処理し、一定年数経過後に中途解約すれば解約返戻金として大部分の保険料が戻ってくるという仕組みです。節税目的で利用されることが多いですが、役員退職金の原資とすることや、多額の保険料を一時に支払い決算数値を赤字化し会社の純資産額を減らすことにより株式の評価額を減少させ、事業承継の一環である株式の売買・贈与に活かすというスキームがとられています。 

節税保険商品に関しては、生保会社が税法の抜け道を探して商品開発を行い、当局が規制をかけることの繰り返しが起こっています。最近でいうと2012年にがん保険が全損処理から1/2損金処理へと改正されたことも記憶に新しいです。

  水野 隆啓

浜松市/会計事務所/税理士/公認会計士/法人税/保険




  • Posted by 2019年02月28日 (木) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


メール欄にご入力されますと、入力されたメールアドレスが公開されてしまいますのでくれぐれもご注意下さいませ。なお、メールアドレスをご入力頂きましても原則として当事務所からのe-mail返信は致しませんのでご了承下さい。
※コメントはspam対策の為承認制としております。コメントの反映には長いお時間を頂戴する場合がございますので、関与先の皆様でご不明点等がございましたら監査担当者迄お問い合わせ下さいませ。一般のお客様は当事務所連絡先をご確認の上お問い合わせ下さいませ。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TKg 田中会計グループ

田中範雄公認会計士事務所税理士法人TMS浜松

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
【併設機関】
㈱TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中会計グループ
税理士法人TMS浜松
は、TKC全国会会員です!

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告