最低賃金を計算する場合の賃金の範囲とは? 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > STAFF BLOG > 専門情報 - 労務 > 最低賃金を計算する場合の賃金の範囲とは?

ブログトップ > 
最新 - - 10 - 15 - 20 - 25 - 30 - 35 - 40 - 45 - 50 - 55 - 60 - 65 - 70 - 75 - 80 - 85 - 90 - 95 -  
100 - 105 - 110 - 最古
ブログ内全文検索→

専門情報 - 労務

最低賃金を計算する場合の賃金の範囲とは?

一度ご確認してみてはいかがでしょうか!

 最低賃金に関する2回目の掲載です。そもそも、最賃法では、最低賃金を上回る賃金を支払わくてはなりませんが、では、最低賃金を計算する場合の賃金の範囲はどこまででしょうか?最低賃金の対象となるのは毎月支払われる基本的な賃金なので、実際に支払われる賃金から以下の賃金を除外したものが対象となります。
①臨時に支払われる賃金(結婚手当など) ②1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など) ③所定労働時間を超える時間の労働に対して支払われる
賃金(時間外割増手当) ④所定労働日以外の労働に対して支払われる賃金(休日割増賃金) ⑤午後10時から午前5時までの間の労働に対して支払われる賃金のうち、通常の労働移管の賃金の計算額を超える部分(深夜割増賃金) ⑥精皆勤手当、通勤手当及び家族手当 となります。言い換えれば、①②は毎月定期的に支払われる賃金ではなくいもの、③から⑤は割増賃金の対象となるもの、⑥は直接労働の対価とは言い難い褒賞的、属人的なものと言えると思われます。
 従業員に支払っている賃金総額から上記の①から⑥を控除し、所定労働時間で除した額が最賃法で定められた額を上回る必要があります。一度確認してみてはいかがでしょうか。
 
 
             会計/税務/法人税/相続税/労務
               監査課  平田 晴久



  • Posted by 2021年12月10日 (金) | コメントコメント(0

この記事へのコメント

コメントコメント投稿

お名前:
メール:
コメント:
CAPTCHA:

スパム防止のため、以下に表示されている文字列を入力してください


※コメントは承認制のため、投稿をしてもすぐには反映されない場合があります。ご了承ください。

※スパム対策の為、お名前・コメントは必ず入力して下さい。

※記事が削除された場合は、投稿したコメントも削除されます。ご了承ください。


メール欄にご入力されますと、入力されたメールアドレスが公開されてしまいますのでくれぐれもご注意下さいませ。なお、メールアドレスをご入力頂きましても原則として当事務所からのe-mail返信は致しませんのでご了承下さい。
※コメントはspam対策の為承認制としております。コメントの反映には長いお時間を頂戴する場合がございますので、関与先の皆様でご不明点等がございましたら監査担当者迄お問い合わせ下さいませ。一般のお客様は当事務所連絡先をご確認の上お問い合わせ下さいませ。
※コメント欄での営業はお断りしております。URLのご入力もご遠慮願います。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TKg 田中会計グループ

田中範雄公認会計士事務所税理士法人TMS浜松

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
【併設機関】
㈱TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中会計グループ
税理士法人TMS浜松
は、TKC全国会会員です!

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告