会社を強くする会計方針 ~減価償却の重要性~ | 所長のひとこと | 【 田中会計グループ 】 浜松市の公認会計士・税理士| 田中会計グループが相続税・確定申告・事業承継をサポート! 【 田中範雄公認会計士事務所 / 税理士法人TMS浜松 】

会社を強くする会計方針 ~減価償却の重要性~ 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 会社を強くする会計方針 ~減価償却の重要性~

「所長のひとこと」全文検索→

2019年12月24日

会社を強くする会計方針 ~減価償却の重要性~

減価償却の重要性

減価償却とは、価値が減少していく固定資産(建物、機械、車両、工具備品などの有形固定資産や営業権などの無形固定資産)などの取得原価を毎期継続的に費用に振り替えていく手続きのことです。これによって会社の資本充実の原則が保たれることとなります。費用に計上することによって、利益(所得)に課税される税金が減るだけでなく、配当等に回されて資金が社外に流出ことも防止されます。
このことから、利益が出ないときは減価償却を行わないという会社も見受けられます。これでは強い会社はできません。適正な減価償却を計上しないと将来の買い替え資金が会社に留保されません。常に減価償却費を計上しても黒字決算でないと企業の継続性に黄色信号が灯ることとなります。減価償却を実施しないことも粉飾決算であるという認識が必要です。減価償却費の計上は節税のためではなく、会社の正しい経営成績を把握するために必要な手続きです。
二期連続の赤字決算は企業継続の赤信号と認識し、必死に経営改善に最大限尽力しなければなりません。赤字決算に関して金融機関等からプレッシャーがあるかもしれませんが、このことから逃れるために偽装黒字にすることは自らも騙し、赤字からの脱却意欲を薄れさせます。この怠慢によって確実に会社の財務は毀損し、倒産に向かっていきます。最近の倒産報道でも「粉飾決算」を良く目にします。くれぐれも安易な道(減価償却を実施しない粉飾決算)を歩むことなく、正々堂々と明るい道を歩みましょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TKg 田中会計グループ

田中範雄公認会計士事務所税理士法人TMS浜松

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
【併設機関】
㈱TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中会計グループ
税理士法人TMS浜松
は、TKC全国会会員です!

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告