会社を強くする会計方針 ~資産の評価基準~ | 所長のひとこと | 【 田中会計グループ 】 浜松市の公認会計士・税理士| 田中会計グループが相続税・確定申告・事業承継をサポート! 【 田中範雄公認会計士事務所 / 税理士法人TMS浜松 】

会社を強くする会計方針 ~資産の評価基準~ 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 会社を強くする会計方針 ~資産の評価基準~

「所長のひとこと」全文検索→

2020年01月15日

会社を強くする会計方針 ~資産の評価基準~

資産の評価基準

資産の評価は原則として「取得原価主義」であり、購入価額で評価される。この取得価額をもとに、固定資産は減価償却費として毎期、一定額が費用として計上され固定資産の簿価は減少していくこととなる。
資産の評価方法の例外として、売買目的の有価証券の評価方法がある。売買目的の有価証券は基本的に時価で評価される。株式や公社債等でいつでも証券市場で売買できるものは、期末時点の時価で評価される。もともと所有目的が売買目的であり、なおかつ時価が明確なものは時価で評価したほうが会社の期末における財務状況を明瞭に表示できるため、貸借対照表に時価で表示しようとするものである。
また、有価証券や棚卸資産の時価が著しく低下し、かつ、回復の可能性が認められるものを除き、時価で評価しなければならない(「強制低価法」と言われる。)。ここで「著しく低下する」とは一般的に取得価額の2分の1以下に時価が下がることとされている。回復の可能性があるか否かは大変難しい問題であり、2分の1以下になったものは時価まで評価減を行うのが一般的である。これは、有価証券や商品などの時価がはっきりしているものに適用される。
有形固定資産はこれを使用して、その取得価額を上回る収益を上げることを期待して購入しているため、期待どおりの収益が見込めない場合に「減損」手続きにより、評価減を行うこととなる。
つまり、資産につき「評価益」を計上できるのは「売買目的の有価証券」のみであり、あとはすべて原価法または低価法により、取得価額またはそれを下回る金額での評価となる。「見込まれる損失は計上するも、見込まれる利益は計上するべからず。」という「保守主義の原則」の現れである。
これに反する評価方法を採用したときは粉飾決算となる。例えば、工場の敷地(土地)を時価評価し評価益を計上すること等がこれに該当する。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TKg 田中会計グループ

田中範雄公認会計士事務所税理士法人TMS浜松

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
【併設機関】
㈱TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


所長のひとこと

お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中会計グループ
税理士法人TMS浜松
は、TKC全国会会員です!

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告