会社を強くする会計方針 ~粉飾決算で自分も騙される~ | 所長のひとこと | 【 田中会計グループ 】 浜松市の公認会計士・税理士| 田中会計グループが相続税・確定申告・事業承継をサポート! 【 田中範雄公認会計士事務所 / 税理士法人TMS浜松 】

会社を強くする会計方針 ~粉飾決算で自分も騙される~ 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 会社を強くする会計方針 ~粉飾決算で自分も騙される~

「所長のひとこと」全文検索→

2020年02月17日

会社を強くする会計方針 ~粉飾決算で自分も騙される~

粉飾決算で自分も騙される

粉飾決算による倒産が増加しているようである。延命工作が万策尽きていよいよ倒産となるケースは後をたたない。
一口に粉飾決算といってもその中味はさまざまである。ありもしない架空の資産や売上を計上している悪質なものもあれば、本来、計上しなければならない損失や費用を計上せずに簿外にしているケースや存在する資産の評価益を計上するような比較的罪悪感が少ない粉飾もある。
いずれにしても、企業は一旦粉飾に手を染めるとほぼ永遠にそこから抜け出すことが難しくなる。人間にとっての麻薬のようなものである。儲からないときも正しい決算書を作成し、しっかり自社の現状を見つめ、企業の経営改善に取り組まなければならない。往々にして、粉飾により決算書を誤魔化すと自分もあたかも黒字であったかのような錯覚に陥り、改善努力に結びつかなくなる。この結果、また粉飾に手を染めざるを得なくなり、泥沼に陥っていくハメになる。
赤字は人間の病気と同様、早期発見・早期治療が必要である。そのためにも正しい決算書を作成し(健康診断をしっかり受け)、赤字に対処するための改善(発見された病気を治療すること)をしなければならない。決算書は自分の健康診断結果と同様、間違っていたら何の価値もないことを自覚すべきである。
金融機関の目が厳しくなるのは、自社の業績が厳しいからであり、自社の業績が好調であれば、金融機関からすり寄ってくる。後者になるべく努力することが重要である。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TKg 田中会計グループ

田中範雄公認会計士事務所税理士法人TMS浜松

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
【併設機関】
㈱TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中会計グループ
税理士法人TMS浜松
は、TKC全国会会員です!

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告