売上高2割減、利益8割減 | 所長のひとこと | 【 田中会計グループ 】 浜松市の公認会計士・税理士| 田中会計グループが相続税・確定申告・事業承継をサポート! 【 田中範雄公認会計士事務所 / 税理士法人TMS浜松 】

売上高2割減、利益8割減 

サイト内検索ウェブサポ サポートページサイト管理画面

TOP > 所長のひとこと > 売上高2割減、利益8割減

「所長のひとこと」全文検索→

2020年05月14日

売上高2割減、利益8割減

トヨタの令和3年3月期予想

世界中に広まるコロナウイルスの影響で経済活動は大きな打撃を受け、決算数値にも大きな影響がでることは間違いない状況である。中小企業でも「持続化給付金」等でなんとか急場はしのげても、今後のことはさっぱりわからないという事業者が多い。
トヨタも先日、この4月に始まる事業年度の決算予想を発表した。「売上高は2割減、利益は8割減」という内容だった。
素人的には、2割売上高が減るだけで、なぜ利益はこれほど減ってしまうのかと感じる人も多いと思う。
管理会計で使われる「変動損益計算書」で説明すると良くわかると思います。
今、ある会社の売上高を100、変動費(売上高に比例する費用、仕入・外注費など)を65(つまり、限界利益を35)、固定費(売上高に関係なくかかる費用)26と仮定します。この場合、利益は9(=35‐26)です。
この会社の売上高が80になった時、利益はいくらになるのでしょうか?
売上高80に見合う限界利益は28(=80×35/100)、固定費26を引くと、利益は2。9から2へと、約8割減となってしまいます。
もちろん、このような単純な計算通りになるとは考えられませんが、概ねこのような結果となります。
例に示したような、限界利益率35%という業績の良い会社は良いのですが、限界利益率の低い会社では売上高が2割減ると赤字になる会社も少なくありません。自社の損益分岐点の売上高を把握し、機動的な経営が望まれます。
現状、厳しい状況で推移することは承知の上ですが。
ブログランキング・にほんブログ村へ


お気軽にご相談ください。無料相談・メール相談受付中
お電話・FAXでのお問い合わせ
TEL:053-475-2511

FAX:053-475-2512

受付時間:9:00〜17:30 定休日:土・日・祝日

メールフォームでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

24時間受付中


TKg 田中会計グループ

田中範雄公認会計士事務所税理士法人TMS浜松

【業務内容】
会計事務所 <公認会計士・税理士業務>
【併設機関】
㈱TMS・平田晴久社会保険労務士事務所
【所在地】
静岡県浜松市中区高林3-12-13


お気軽にご相談ください。TEL:053-475-2511

浜松市中区高林3-12-13
公認会計士・税理士
受付時間:9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日

お問い合わせTMS 田中会計事務所

田中会計グループ
税理士法人TMS浜松
は、TKC全国会会員です!

TKC全国会

TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

スタッフのブログTax House確定申告